ビジネスブログにアメブロではなくWordPressを使う3つの理由!!

こんにちは!情報整理・仕事効率化コンサルタントのじゅりんです。

今や誰でも、特別な技術がなくても、個人で情報発信が可能な時代になりました。1個人事業主がインターネットとPC1台で世界中に情報発信して、ビジネスを行えてしまうのです。すごい世の中ですよね。

そうなると、何を使って情報発信するのかということになりますが、オススメしたいのは断然「WordPressでのブログ」です。

え?なんで「WordPressでのブログ」なんですか?アメブロとかの無料ブログじゃダメなんですか?

ではでは、今回は、どうしてビジネスブログにはアメブロではなくWordPressを使うべきなのかについてお伝えしていきたいと思います。

動画でも解説してます。音声の方が頭に入って来やすい人はこちらをどうぞ〜!!
無料ブログじゃなくWordpressを使ってブログを書く3つの理由
スポンサーリンク

そもそも「WordPress」とは?

「WordPress」とは、簡単に言えばホームページやブログを作ることのできる無料のシステムの一つです。深いことはともかく、WordPressを使ってブログを書く…程度に考えてもらえればOKです!

今や世界のブログの35%(2019年時点)が「WordPress」で構築されていると言われるほど、人気・認知度が高いブログのシステム。さらに自由度も非常に高く、広告収入を得るなどの収益化を考えるブログであれば、まずWordPressでのブログ作成が候補に上がるでしょう。

では、よく比較される無料ブログサービス「アメブロ」と「WordPress」とは何が違うのでしょうか?

ビジネスブログにアメブロではなくWordPressを使う3つの理由!!

WordPressは自分の所有する城(事務所)・アメブロは無料賃貸マンション

アメブロ

まず、アメブロから…アメブロは例えるなら無料賃貸マンションのようなものです。Amebaという大家さんが管理する巨大なマンションの一室を無料で貸してもらえるイメージだとわかりやすいでしょうか。

これだけ聞いていると、なかなか粋なことしてくれるじゃないかAmebaさん!…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、賃貸マンションですから契約書を交わすことが必要となります。

これが「利用規約」というものなんですね。

ちなみにアメブロの利用規約には以下のような文言があります。

Ameba利用規約

第12条(知的財産権等)

2. 当社は、利用者が本サービスにおいて投稿、アップロード又は保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られません)について、これらを保存・蓄積した上、本サービスの円滑な運営、改善、当社又は本サービスの宣伝告知等(第三者のメディアへの掲載を通じた紹介記事・コンテンツ等も含まれます。)を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、利用者はこれに同意するものとします。

引用:Amebaヘルプ|Ameba利用規約

わかりやすく言い換えると、「あなたが作ったコンテンツ(ブログ記事など)を、うち(Ameba)は自由に使えるからね。あなたも了承済みってことで、よろしく」ということです。

先ほどの例えで言えば…マンションの住人の所有物・制作物を、大家さんは勝手に使えてしまうという…なんとも恐ろしい契約になっていますね。

せっかくビジネスで有用な情報発信したとしても、アメブロでは自分だけのものではなくなってしまいます。

WordPress

それに対して、WordPressで作成するブログは、自分だけの戸建事務所(お城)と思ってもらったらいいと思います。レンタルサーバー(インターネット上の土地)を借りなくてはなりません(有料・年3,000円程度〜)が、そこに建てるブログという建物は、まさに自分の城!!

基本的には、誰に何を言われることもなく、自分で発信した情報は完全に自分の管理下にあります。ビジネスでブログを作るなら自分の城で勝負したいところです。

WordPressは収益化も自由自在・アメブロは…

アメブロ

収益化についてですが、アメブロさんは数年前に商用利用が認められました。なので、ブログそのものをビジネスに使うことには問題はありません。

ですが、収益化の手段が超限定的。

最近、外部アフェリエイトの貼り付けも解禁されていたようですが、なんと2020年1月をもって外部アフェリエイトの貼り付けも再度禁止に。

代わりにアメブロ側で用意したアフェリエイト(Ameba Pick)というものを利用するしかなくなります。報酬も現金ではなく「ドットマネー」という現金化も可能なポイントに(期限付き・失効もあるそうです)。

さらに、無料でのブログ運営であれば、自分で用意した広告以外にも、Amebaが収益を得るための広告が多数表示されるので、はっきり言ってビジネスブログ運営には全く向きません。(有料で広告を外すプランもありますが、月1,000円程度なので、レンタルサーバー借りる方がはるかに安いです)

自分の発信する情報が霞んでしまいますし、自分の収益にならない広告に逃げられるなんて…あまりにももったいないです。

WordPress

対して、WordPressは自分の城なので何をしようが自由!!アフェリエイト広告を貼って収益化を測るもよし!あえて広告を貼らずに、自分の商品やサービスに集中させてがっつりと誘導するもよし!ビジネスとして収益化を考えるなら、やっぱりWordPressがオススメです。

アメブロは「検索」に弱すぎる!その理由は…

アメブロ

最後、ビジネスに使うには致命的なアメブロの欠陥…それが「検索」に弱すぎるということ。

え?あんなに超大手のサイトなら「検索」にも強いんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうではないのです。

Googleを筆頭とする検索エンジンは、情報の多様性を提供するため、検索結果に表示する同じドメイン(https://◯◯◯.com/といったアドレス)の記事数を制限しています。(検索して全て同じサイトの記事が表示されたら、情報が偏り過ぎてしまいますよね?)

そして、アメブロで作られるブログのアドレスは「https://ameblo.jp/◯◯◯」。◯◯◯以下が違うだけで、ドメインは全て同じ。

つまり、どういうことかと言うと…Googleで検索されても、アメブロ全体の中での上位2〜3記事しか検索結果には表示されないということです。アメブロ内での熾烈な争いに勝ち抜かなければ、Googleにさえ表示されないという…なんとも過酷な状況です。

今や、ほとんどの人が「検索」してブログ記事にたどり着くのに、これは痛過ぎます。

WordPress

対して、WordPressは、レンタルサーバーのみの運用であったとしても、独自ドメインを取得していたとしても、基本的に自分だけのドメインになるので、他のWebサイトと同じ土俵で勝負することができます。

最初のうちは検索順位が低かったとしても、2ページ目・3ページ目に表示されれば、多少なりともアクセスはあるはずです。WordPressに限らず、独自ドメインで作られているHPやブログはこれが普通なんですけどね。

まとめ

なんか書いているうちに、WordPressを使うべき…というより、アメブロを使うべきでないという記事になってきたような気もしますが…

実際そうなのですから仕方がありません。また、今回はわかりやすくアメブロで話をしましたが、無料レンタルブログには多かれ少なかれ、こういったデメリットが存在していることを知っていただきたいという思いもあります。

そうなると、やはり選択肢がWordPressになるんですよね。ぼく自身も、もちろんWordPressでこのブログも運営していますが、大家さん的な立ち位置の人(企業)がいないので、好きなように自分の情報発信をして収益を得ています。

ビジネスを視野に入れてブログを作るなら、WordPressがオススメですよ!!

タイトルとURLをコピーしました