WordPress|「独自ドメイン」を「SSL化(https化)」しよう!(ロリポップ編)

こんにちは!じゅりんです。

「独自ドメイン」をロリポップに設定したら、今度はその流れで「SSL化(https化)」していきましょう。「SSL化」とは、ものすごく簡単に言えば、ブログ(Webサイト)のセキュリティをちゃんと高めていますよと証明すること

Googleは、今後SSL化しているサイトを検索で優位にすると明言しているので、これからちゃんとしたブログ(Webサイト)を立ち上げるなら、必ずSSL化しておきましょう。

スポンサーリンク

ロリポップで「独自SSL化(無料)」する手順

ロリポップにログインして、「ユーザー専用ページ」へ。

左サイドバーの「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」をクリック。

「独自SSL(無料)」の下に「SSL保護されていないドメイン」が表示されています。

「SSL化」したい独自ドメインにチェック(2ヶ所・どちらも)したら、「独自SSL(無料)を設定する」をクリック。

「SSL設定作業中」と表示されます。

10分程度待ってから更新すると、SSL保護が有効になります。

「SSLで保護されているドメイン」タブをクリックすると、「SSL保護有効」と表示されているのが確認されているはずです。

WordPress管理者ページの設定

WordPressの「管理者ページ」を開きます。

左サイドバー「設定」→「一般」をクリック。

「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」を確認すると、まだ「http」のままです。

両方とも「https」に変更しましょう。

変更したら画面一番下の「変更を保存」を忘れずにクリック。

これで、「https」で始まるアドレスでもWordPressが開くようになりました。

変更後のアドレスをブックマークすること!

「http」→「https」にアドレスが変更されたので、新しいアドレス(「https」の方)を忘れずにブックマーク(お気に入り)登録し直しておきましょう!!

ロリポップFTPで「リダイレクト」を設定

「https」でWordPressが開くようになりましたが、今のままだと「http」でアクセスしたときに何も表示されなくなってしまいます。「http」でアクセスしたとしても「https」のサイトが表示されるようにリダイレクト設定を行いましょう。

ロリポップにログインして「ユーザー専用ページ」へ。

左サイドバー「サーバーの管理・設定」→「ロリポップ!FTP」をクリック。

「ロリポップ!FTP」が開きます。

ここでは、サーバーの中に保存されているデータ(フォルダ・ファイル)を操作することが可能です。ですが、適当にいじるとWordPressが壊れてしまうこともあるので、慎重に操作していきましょう。

「独自ドメイン」を設定したフォルダを見つけます。ぼくの場合だと「miryoku」です。

見つけたらクリックします。

フォルダが開きました。

ここに「.htaccess」というファイルがあるので、クリック。

「.htaccess」ファイルの中身が表示されます。何もいじっていなければ、おそらくこのようになっているはずです。(意味はわからなくで大丈夫です)

ここからがちょっとだけ作業になります。慎重に行ってください。

以下のコードをコピーして、元々のコードの上部に貼り付けます。(元々のコードを絶対に消さないでください!)

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L] 
</IfModule>

コードを貼り付けたら、「保存する」をクリック。

これでリダイレクト設定は完了です。ちょっと面倒でしたが、これで「http」でアクセスしても、全て「https」のページが開くようになりました!

タイトルとURLをコピーしました